~九州編~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

九州には、比較的標高が低めの、なだらかで登りやすい山がたくさんあります。
これらは、初心者の山ガールや山デートにおすすめのスポットとして有名です。

自然がいっぱい広がる場所で、登山を存分に楽しみたいと思う山ガールに人気の高い山は、大分県の「くじゅう連山」です。
大分は別府や湯布院などの温泉地としても有名ですが、くじゅう連山は九州で一番人気のある山で、年中登山客の絶えることのないスポットです。

急な岩場が待ち構えている場所もありますが、初心者でも登れるように、道路がきれいに整備されています。

一方、九州には、市街地に近い場所で、気軽に登ることができる山もあります。
代表的なものは、熊本市内西区にある「金峰山」です。

標高は665メートルで、ハイキングコースはきれいに整備されていますので、比較的に楽に登ることができます。

熊本市内に住む人は、小学校の遠足などで登ったことのある経験を持つ人も多いので、なじみのあるスポットです。
頂上からは、雲仙岳や有明海を眺めることができます。

長崎市内の「稲佐山」も、市内中心部から程近い場所にある山です。

登山というよりも、観光のイメージが強い場所ですので、山ガールだけでなく観光客にも大変人気のあるスポットです。

稲佐山展望台までの道の途中にある「稲佐山公園」の一角には、無料の動物園が併設されていて、かわいい猿と鹿の姿を楽しむことができます。
頂上の展望台から眺める景色は、晴れた日は東は天草、西は五島列島まで眺めることができます。

また、展望台から見える街の灯りは、世界3大夜景にも選ばれたものです。
澄んだ夜には、昼間とは違った景色を堪能することができます。  

~四国、中国編~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

アウトドアでの活動はもとから楽しいものですが、特に若い女性を中心とした山ガールの登場で、少し専門的で堅苦しいイメージのあった登山がさらにカジュアルに楽しめるようになりました。

楽しみやすいとはいえ、登山は簡単に気軽に考えていては危険なので、その辺はしっかりと対策をしてから、安全に登山に出かけましょう。

初心者の方は、まず山ガールに人気のスポットを訪れてみると良いでしょう。そこで思わぬ楽しさにはまれば、登山の世界は大きく広がります。

では四国・中国でのオススメスポットを紹介しましょう。

まずは愛媛県にある石鎚山です。

この山は西日本で一番高い山として、また霊峰として昔から信仰を集めています。西日本最高峰だけあって、頂上からの眺めは最高です。周りの山々と遠くに瀬戸内海も望むことが出来る絶景スポットです。

新緑や紅葉の季節は多くの登山客で賑わい、登山コースも良く整備されているので、山ガールも大満足出来ます。

四国・中国のうち、中国地方で人気のスポットは鳥取県の大山です。

名前の通り大きく美しくそびえる姿は遠くからでもよくわかります。中国地方で最高峰であり、西日本最大のぶな林で知られています。

大山への登頂コースは初心者向けと中・上級者向けにルートが分かれています。まずは初心者向けの夏山登山コースで楽しく登ってみることをおすすめします。

経験を積んだら上級者コースにチャレンジする楽しみ方もできます。

四国・中国には山ガール向きのスポットがたくさんありますから、安全第一で楽しみましょう。

~関西編~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近は、山ガールと呼ばれる登山を楽しむ女性が増えてきました。関西でも登山を日帰りで気軽に楽しめる多くのスポットがあります。こちらの山はいかがでしょうか。

初心者の山ガールにおすすめスポットの1つ目は兵庫県の六甲山です。

最寄り駅は芦屋川駅で市街地にも近いながら、登山口の近くにはロックガーデンと呼ばれる岩場があり、週末にはたくさんの登山者でにぎわいます。有馬温泉口側に下山すれば温泉で登山の疲れを癒したり、温泉街を楽しむことができるのも魅力です。

同じく兵庫県にある千ヶ峰には、千本杉を見られるコースや滝を見られるコースなど、さまざまなコースがあります。どのコースも整備されているので登りやすい山です。

晴れた日には明石海峡大橋から瀬戸内海まで、関西の海を見渡せる絶景を楽しめます。

奈良県と大阪府にまたがる大和葛城山は、四季折々の自然が楽しめる関西で人気の山です。

特に、5月頃に山頂から南側の斜面にかけて一面に咲き乱れるツツジは美しく、多くのハイカーや登山者が訪れます。

tutuji.jpg

秋のススキや冬の樹氷も見応えのある景色です。山頂付近にはキャンプ場や葛城高原ロッジがあり、宿泊することもできます。

滋賀県と岐阜県にまたがる伊吹山は、琵琶湖の北部にあります。

大きな岩がゴロゴロしている場所もあり、冬は雪が積もりますが危険な場所はあまりありません。

雪山登山デビューをしたい山ガールにおすすめのスポットです。様々なコースがあり、ロープウェイがあるほか、途中までは車で登ることもできます。

~中部、甲信越編~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

近年、若い世代の女性にも、本格的な登山を楽しむ人口が増えています。

若い女性ならではの、山登りファッションにも注目が集まり、山ガールと呼ばれ、登山の業界を盛り上げる存在となっています。

日本各地には、たくさんのトレッキングスポットがあり、標高や景色など、自分の力や目的から選ぶことができます。

新潟、長野、山梨などの中部・甲信越地方は山に囲まれている地域でもあり、人気のトレッキングスポットとして多くの人が山登りを楽しみに訪れます。

中部・甲信越地方は、日本の真ん中に位置しますので、東京や、各地方からも訪れやすいのも魅力的です。

また、中部・甲信越地方は、山だけではなく、温泉が多くあるスポットでもあります。山登りで疲れた体を、温泉に入り癒すことができる、絶好の地域なので、山登りがてら、温泉宿に宿泊していく登山者も多くいるのです。

温泉宿がある地域なら、山ガールの女性だけの登山旅にも最適です。

また、冬のシーズンには、スキー場として使われる場所でもあり、自然豊かな地域だからこその季節折々の山の風景も見ものです。カメラを持参し、その風景写真を撮ることを趣味にしている山ガールもいて、SNSなどでも写真を載せるなど、紹介もされていますよ。

kamera.jpg

山登りに興味を持っている女性を誘って、山デートというのも新しいデートの形ではないでしょうか。これをきっかけに、仲も深まることでしょう。女性なら、ファッションアイテムも可愛らしいものが揃っているので、山登りスタイルも楽しめます。

~関東編~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近ではすっかり定着した、山ガールの存在。

そもそも、山ガールとは、屈強な山男が登る登山のイメージとはかけ離れた存在で、
ファッショナブルなアウトドアウェアを着こなし、山を爽やかに登る若い女性のことです。
そこには、髪の毛ふり乱して、汗まみれで歩く姿はありません。
あくまでも、オシャレな女子であることを忘れません。
それを証明するわけではありませんが、つい先日も山ガール友達と一緒に女磨きをしてきました。
このサイトから友達とペアで申し込むとさらに割引になったので、ラッキーでした。


そんな女磨きも忘れない山ガールたちに人気のスポットといえば、やはり登りやすい低山でしょう。
都心から日帰りでも行ける、関東の定番スポットをいくつか紹介します。

まずは定番中の定番、高尾山です。
東京のオアシス、ミシュランの星獲得の外せないスポットです。

a0025_000007.jpg

ケーブルカーで楽ちんに登れるイメージがありますが、いくつかの登山コースがあるので、しっかり歩きたい人が満足できるコースもあります。

次に、東京からすぐ近くの関東地方といったら、神奈川県の山々でしょう。小田急線沿線には、人気の山がたくさんあります。

まずは、大山。伊勢原駅からバスで登山口までいきます。

ケーブルカーの駅までの道に、食事処や宿、お土産屋さんなどが立ち並ぶ、こま参道という道があります。ここでのお買い物も楽しみのひとつです。ケーブルカーで阿夫利神社下社まで行き、そこから登山スタートです。

よく晴れていれば、頂上からは西は富士山、東にはスカイツリーが見えますよ。

続きまして、箱根の金時山。いくつかの登山ルートがありますが、金時神社から登るコースがおすすめです。

90分ほどで頂上につきます。頂上は絶景とたくさんの登山客でにぎわってます。昔から老若男女に愛されている山です。

この他、関東にはたくさんの低山があります。スマホで検索すれば、情報はいっぱいですよ。

~東北編~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

山ガールの人気の東北のスポットに福島県の磐梯高原があります。

磐梯山や吾妻小富士、安達太良山など山ガールにも登りやすい山がたくさんあり、登山の後には硫黄泉や単純泉など異なる泉質の温泉が楽しめます。

山の周辺には火山の噴火によってできた沼が点在していて、中でも五色沼は青や緑などの美しい色が特徴で、トレッキングコースとしても人気があります。

山ガールが登りやすい東北のスポットとして、月山があります。
山形県のほぼ中央に位置していて、標高はおよそ1984m。
山麓一帯の月山山麓湧水群は適度にミネラル分を含んだおいしい水で、名水百選にも選ばれています。

五重塔が印象的な羽黒山の参詣道は、江戸時代につくられたもので、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは、訪れる価値のあるスポットとされる三ツ星に選ばれている美しい風景は一見の価値ありです。
山頂には月山と羽黒山そして湯殿山の3つの山の神様が祀られています。

秋田と岩手にまたがる八幡平はブナ林や木道の続く湿原や滝などを見ることができて、比較的傾斜がなだらかなので初級者から上級者まで楽しめるコースが魅力です。

周囲には歴史の古い温泉があり、トレッキング後の疲れた体をゆっくりと癒すことができます。
山形と宮城にかけてある蔵王山は日本百名山に選ばれていて、エメラルドグリーンの湖水が美しいお釜が印象的な山です。

標高1000mの蔵王高原坊平は歩きやすい木道が続いていて、冬場には樹氷が見られるなど1年中トレッキングが楽しめます。

青森の奥入瀬渓流は森林浴にピッタリのスポットで、たくさんの滝や渓流の音を聞きながら東北の自然を満喫するトレッキングができます。

keiryuu.jpg